金沢の温泉 湯涌温泉 あたらしやの歴史です

金沢湯涌温泉あたらしやの大正時代や昭和初期からの歴史を貴重な画像で紹介します。

写真でたどる新屋の歴史

創業250年の歴史
250 years of atarashiya history

金沢の温泉 湯涌温泉 あたらしや新屋が誇る創業250年の歴史と伝統を紹介します。

  • 大正
  • 昭和初期
  • 昭和中期
  • 昭和後期

TAISHO
大正

湯涌温泉あたらしや大正時代、
2世代前旧々館の様子

中央から右側の建物があたらしや、左下の総湯へは湯の川を渡り廊下で結び、
お客様が雨に濡れない様に配慮しました。
当時から時代の最先端を常に導入する社風で
先々代館主は初めて湯涌温泉で写真機(カメラ)を購入、
貴重な当時の湯涌温泉街の様子を写真に記録し後生に残しました。

金沢湯涌温泉あたらしやの
大正時代の旧々館

金沢への観光客増大に対応する為に新館を建築しました。
当時では珍しい積雪荷重を考慮した堅牢な木造建築で戦後、
進駐軍が宿泊した際に1階から3階まで、
通し柱が檜の一本柱で貫くその構造にアメリカ人設計士が驚愕していたほどです。

大正時代の湯涌温泉あたらしや旧々館の間取り

左上:松風の間、左下:小督(こごう)の間右上:羽衣の間、
右下:胡蝶の間お部屋の名称は新館にも受け継がれています。

EARLY SHOWA
昭和初期

金沢の温泉湯涌温泉 あたらしや(新屋)の
昭和初期当時の旧館

戦前、昭和初期頃の金沢湯涌温泉あたらしや旧館。
旧屋号の「新し屋」看板が掲げられています。

昭和10年撮影の金沢湯涌温泉あたらしや
旧館と湯涌タクシー

まだ湯涌温泉街の道路は舗装されておらず、
雨が降ると泥濘や水溜まりで衣服が汚れました。
金沢駅へ向かう、湯涌タクシーの乗合自動車が駐まっています。

金沢の温泉湯涌温泉 あたらしや
旧館前で撮影された
昭和初期の着物姿の女性

昭和初期撮影。着物姿で着飾ったお客様です。
当時はまだ洋装が珍しく、女性は着物姿でいらっしゃるのが普通でした。
ガス灯が金沢湯涌温泉街を淡い灯りで照らす風情ある街並みでした。

金沢の温泉旅館・湯涌温泉あたらしや
旧館フロントの銘板

当時は電話が珍しく、局番は「7番」一桁です。
今では常識の直通通話ではなく
湯涌郵便局内で交換手さんが接続していました。

昭和初期の金沢駅の金沢大型貸切自動車(現在の北陸鉄道)
湯涌温泉行きバス乗り場

金沢駅の金沢大型貸切自動車(株)(現:北陸鉄道)湯涌温泉行きバス乗り場。
藩政時代からから城下町金沢の観光温泉地と栄える金沢湯涌温泉へは
当時では珍しいバスが運行されていました。

昭和25年に撮影した木造3階建て
金沢の温泉湯涌温泉 あたらしや旧館

昭和25年夏撮影、旧館玄関付近。
重厚で趣ある木造3階建ての意匠は多くのお客様から愛されました。

30s SHOWA
昭和中期

金沢の温泉湯涌温泉 あたらしや
先代館主とオースチン

昭和30年代、輸入車がとても高価で稀少だった時代に
お客様の安全を第一に先代館主がイギリス製オースチンを
お客様送迎専用車に導入しました。
写真は納車時に安全祈願に白山比咩神社で撮影した
湯涌温泉新屋先代館主とオースチンです。

昭和30年代の湯涌温泉街口の
街並み様子を撮影した画像

湯涌温泉口で現館主(写真中央)。
直進すると金沢湯涌温泉街、
右の側道を登って行けば白雲楼ホテルです。

金沢の温泉旅館・湯涌温泉あたらしやの昭和30年代は東茶屋や
西茶屋街から芸妓さんが来て賑わいました。

現館主の幼少時は毎日、東茶屋や西茶屋街から芸妓さんが来て
賑やかに太鼓や謡が夜遅くまで鳴り響き、眠れませんでした。
芸妓さんが乗り降りしやすい様に観音開きのハイヤーが送迎します。

金沢の温泉湯涌温泉 あたらしや
先代館主と大女将と現館主。

昭和30年代撮影。
先代館主と写る幼少期の現館主。
左から現館主、先代館主、弟。
右の写真は、先代館主と現在の大女将。

湯涌温泉あたらしや先々代の告別式の様子

昭和39年撮影。
奥に「秀峰閣」さん、その手前が「やました」さん。

昭和30年代に発行していたカラーのパンフレット&タグ

Pamphlet金沢の温泉湯涌温泉 あたらしやパンフレット

当時では珍しかったソファセット、シャンデリアは全て特注でした。
テーブルに埋め込んだ囲炉裏は洋と和の融合で既に先代館主が
ネオジャパネスク路線を歩み始めた証しです。
伝説の猩々さんの置物と奥に見える灯籠は現在の新館に現存しています。

Tag金沢温泉あたらしや旅館タグ

チェックイン前に観光へ出かけるお客様の荷物をお預かりする際にこのタグを
使用していました。この年代、タグは宿泊施設の特徴があり当時では凝った絵柄の
当館タグを記念に欲しいといわれるお客様が多く好評でした。
またタグがお荷物から外れない様に一枚一枚、金属製のアイレットを嵌め込んでいました。
絵柄の中に見える戸室石は旧館取り壊し後も移設し現存しています。

40s-60s SHOWA
昭和後期

昭和40年代の湯涌温泉の街並みと
金沢の温泉あたらしや旧館

あたらしや旧館(画像右側)です。
金沢湯涌温泉街を貫く湯の川は暗渠となり道路に姿を変えました。

昭和44年頃に撮影された旧館

昭和44年頃の旧館。
左上に湯涌温泉街の道路を跨ぐ「あたらしや」大型看板が見えます。

昭和60年代の金沢湯涌温泉あたらしや旧館

昭和62年、晩年の旧館です。
明治、大正、昭和、平成と多くのお客様に愛されました。
旧館跡地一部を地元の湯涌と金沢市へ譲渡し現在は湯涌温泉の総湯「白鷺の湯」へと
姿を変え多くの方々に愛されています。

昭和40年代撮影の大広間で寝具の手入れをする
湯涌温泉あたらしや接待さん

昭和40年代、旧館2Fの大広間にて。
季節の変わり目に接待さんが総出で寝具のお手入れをする風景です。

昭和50年代の金沢の温泉湯涌温泉 あたらしや新屋のパンフレット

Pamphlet新屋の旧館様子がわかるパンフレット

昭和50年代のパンフレット。
1階の庇意匠が変わっています。
これはエアコンを導入しダクトや補機類が外部から見える事を嫌った
先代館主がそれらを目隠しする為に付けました。

目的や形態(営利、非営利等)を問わず、本ホームページ内の全コンテンツ・画像等、全ての著作権は弊社が保有し、
如何なる理由の有無に関わらず複製、転用等に二次使用する事を一切、認めません。固く禁じます。

Page top

menu

close